結婚するまでは保険は会社に来てくれる保険レディのオススメしてくれる保険に何もわからずに加入していました。結婚を機に見直すことにしました。選んだのは掛け捨て保険です。月々の値段も安くいざ入院してしまったという時は、そこそこの保証がおりるものにしました。主人も自分がどんな保険に入っていて、もしもの時はいくら保証されるのか改めて見直しました。受取人の変更もしました。主人は数年前、お祭りの太鼓に足を踏まれ救急車で運ばれました。不慮の事故でしたが幸い骨折まではいかず入院もしませんでしたが松葉杖生活が始まりました。数日間、お仕事をお休みしました。その際、保険のお金がおりてものすごく有り難かったです。
子どもが産まれてすぐに学資保険に加入しました。値段も高額なので迷いましたが子どもの医療保険もついているし、やはり将来のことを考えると必要だと思い加入しました。今は児童手当を学資保険にそのままあてています。結婚するまでは、保険の必要性をあまり感じなかったのですが結婚して子どもが産まれると主人にもしものことがあった時、息子と二人今後どうしていいのかわからない中、保険の保証がものすごくありがたいので今はすごく必要性を感じます。