子供ができた時に誰もが考えるのは、将来の学費ではないでしょうか?
いろいろな種類が出ており月々の金額もまちまちでどれを選ぶか迷いますね。
そこでお勧めしたいのは、お子様にお勧めしたいのは学費に特化したタイプです。子供の死亡時金や、入院特約などが付かないタイプにしておくと、費用がかなり抑えられます。
子供の怪我に関する保険は、小学校に入るとPTAを通したものや共済などの掛け捨てタイプを使うと安く上がります。
同時に考えていただきたいのは親の死亡やケガ・入院に関する保険です。
収入が不安定になったときの子供たちの生活を守るために加入しておくとよいでしょう。

 

さて、学資保険は月々の支払をするのが一般的ですが、繰り上げで入金することもできます。
そして、繰り上げで入金すると、実際に払う予定の期日まで利息が発生しますので、月々の支払よりトータルで安くなるのです。
ならば始めから支払回数を月ではなくボーナス払いにすればいいかというと、そうもいきません。急な出費に対応しきれない場合が考えられるからです。
長い契約期間を後から短くはできますが、少ない支払回数を多くはできません。契約時は、支払回数を最大にしておきましょう。そしてボーナスで当分つう予定の無いお金が入ったら、利率の低い銀行に預けるより、学資保険の前払いにあてましょう。こうすることで、払いが少なく、目標の金額をうけとることができます。